スタッフ紹介

ホーム > 会社案内 > スタッフ紹介

会社案内

スタッフ紹介

テイエム技建東京は安全と信頼の青十字として、より良いサービスを提供できるよう取り組み続けます。

支店長

組織の中心は「ヒト」、今もこれからもヒトを中心に見つめます

私は元々機械設計業界の設計者だったのですが、建築業界とも繋がりの深いところもあり、建築現場に出ることも多くありました。国際空港の工事にも関わる事もありました。ある時、日頃のご縁から建設業界への転身を経て、このマンション大規模改修工事業界へ入り、今現在に至っています。
支店長という立場にあっては、組織全体の現在・過去・未来を必要要素の過不足無く、的確に進めて行かなければなりません。また、経済活動内で適切な利益を上げること、社員や外部組織との信頼関係構築、技術的な事等の教育など、組織を支える要素は無数にあります。それらがバランス良く、組織の中に備わってこそ、お客様にご満足いただける仕事であり、結果としてそれが、かけがえのない信用なのだと感じています。
組織の中心は「ヒト」であり、そのヒトを中心に考えることは、同時にお客様への信頼に応えるためには、必要不可欠な絶対要素だと信じております。この先、必要な人材も採用し、東京支店も社員が増えつつありますが、ヒトを大切ににする組織作りは、全ての判断の中心に置き、それらの諸計画を実現していきたいと思います。

営業部

現場を知る営業マンだからできる最適な提案を

元々は土木設計職で、福島県から東京へ出て働いていましたが、色々と思う事や悩みなども抱えつつ、業務を行っていた中、2011年の東北大震災が起きました。それを機に、友人や仕事仲間も多い福島県へUターンしようと考えていたところ、現支店長との出会いがありこちらの会社へお世話になる事を決めました。東京支店は年々成長しており、躍動感と活気あふれる職場です。そういう環境にあって、自分も刺激を受け、考え、職種は違えど、みんなと共に仕事を成す喜びがあります。当然、まだまだ達成すべき課題もありますが、それを拒まず、成長に必要な事として、前向きに取り組んでいます。いくつかの会社を経た中で思うのは、組織全体で前向きな気持ちを維持できる職場環境は、とても貴重です。これはマニュアルを作ったり、規則を作ってできる事ではありません。自分と仲間、そして上司など「ヒト」との信頼関係があってこそできる事です。私の職務は、居住者様の資産を一旦預かって、様々な作業を行うわけですから、実際に着工してからの図面にならない色々なご要望もとても大切な要素です。それらを確実に解決し、満足いただける「カタチ」にする事が私が最も成すべき仕事だと感じています。

工事部

愛情を持って仕事をすることがより良いサービスに繋がると信じて

建設業界には長く携わっているのですが、少々私は年配のせいもあってか、自分と会社については、伝統的な「企業戦士」的な感覚を今も持っています。私は自分の所属する会社には、愛社精神を持ち、懸命に会社、お客様に貢献するべきだと考えています。そして、仕事に愛情を持つこと、好きな仕事に情熱を持つこと、苦手な仕事も好きになることです。仕事のコツを早く覚え、同じ仕事なら関わる人員の中で私が一番早く熟(こな)すこと。他の社員をアシストし、また、良きことなどは自分一人が抱え込まずに教え合うことも重要だと思っています。一方で、社内の競争も必要ですが、それぞれが抱える課題を話し合い、助け合って必要な時には助け舟を出す。自分がみんなの力になるように、いつも気配りをする。隠しごとをせず、みんなで考える事ができる仲間にしていきたいと願っています。いわゆる「ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)」があれば、必ず仕事はうまく行きます。何も怖いものはありません。やはりそれは全て、施主様・居住者様へのご満足のためです。素晴らしい仕上がり、機能、コストパフォーマンスに優れた成果を、完成後、お客様へ引き渡す時に示します。また、施行中は、挨拶を欠かさない明るい現場、お客様へ不安な気持ちをさせることの無いよう、毎日の作業、職務に全力を尽くします。

居住者様の笑顔が私のエネルギー源です

前職でも同業種で、同じように現場管理をしていたのですが、色々と悩んでいたところ、知人からの紹介で、こちらに転職しました。業界歴は長いのですが、私はこの会社に来て1年程ですので、とに角、より多くの現場を経験していきたいと思っています。その中で、工事における必要な諸知識、コミュニケーション能力、判断・決断力を向上させ、より居住者様への対応力をつけたいと考えています。そのためには先ず、常に客観的な判断ができるように心がけています。思い込みにより見落としや見込み違いを避けるためには、自分が常に客観的である事は重要だと考えています。居住者様にご満足いただける事が、自分の仕事の最も重要なところです。「現場代理人」という私の職務は、会社の代理人でもあり、工事施工の管理者でもあり、様々な要素を居住者様のためにコントロールする、とても重要な位置付けです。それだけに毎日緊張感はあるのですが、私に声をかけていただける居住者様やオーナー様に、次の物件の依頼につながる話しをいただけるなどした時は、本当に嬉しく、やりがいになります。

マンションの住人目線から、経験と信用で安心と快適をご提供します

島根県の地元の高校を卒業し、実家が建設業という事もあって、家を継ぐつもりで建築関係の仕事をしていました。友人のつながりもあり、「足場」関連の、いわゆる「職人」でした。業界を辞めるつもりはなかったものの、時を経るうちに色々と悩みや迷いもでき、結婚を機に、今の会社へお世話になる事にしました。会社の更なる成長過程で、その一員として、なくてはならない存在になるよう、頑張りたいと思っています。特に、私がこれまで築いてきた「足場」の技術を、更にもっと磨いていきたいと思います。効率的な作業も、やはり足場は重要です。「全ての作業と安全は足場だ!」とのこだわりを持ち、独自の視点も開拓してみたいと思います。自分の取り柄を活かしつつ、より良い仕事になるよう、がんばりたいです。それからまた、私の今の職務は現場代理人ですので、先ずはそのレベルを高めていきたいと考えています。それには自分自身の成長のため、常に努力と勉強を怠らないように心がけています。自分のエキスパートでもある「足場」を足がかりに、様々な分野へチャレンジしていきたいと思います。

総務部

お客様の工事満足度を高めるためサポートします

内装工事の関係での経理職を経て、こちらに入社しました。面接の折に私の感じた通りの職場の雰囲気で、毎日楽しいです。今は、東京支店の総務事務として、経理から様々な雑務までを行っています。仕事については、異業種からの転職という事はあるのですが、前職の内装工事関係とは共通しているところもあり、比較的仕事の基本的なところもスムーズに慣れました。ただ、マンション一棟まるごとの工事を手がける業種のため、これまでとは工事の規模が違いますので、色々と勉強することもまだまだ多いです。また、時間の合間を見て、社員と役員などと定期面談や懇親会が行われます。これは、人のつながりや気持ちを大切にしたいととの想いからですが、それは実際の仕事にも活かされていて、速やかな処理、間違いの無い処理に役立っています。私の業務上、電話でのやり取りも多いのですが、相手を知っているという事はとても重要な事だと思います。職種柄、あまり居住者様と直接的に関わる事は少ないのですが、総務・経理処理業務が、スムーズな仕事を支えている事を常に意識し、居住者様の満足につながるよう、仕事に臨みたいと思っています。

マンション専門医をサポートする看護師のように

私は新卒での入社ですが、実は、学校では医療事務関係の勉強をしており、建築関係とは全く別の業界を目指していたのですが、ひょんなことからマンションの大規模修繕工事を専門に行う当社を知り興味を持ち今に至ります。マンションの修繕は、病気を直す事と似ていて、お医者さんの代わりにマンション修繕に特化した経験豊富なスタッフが、病気(マンションの状況)を確認して、最適な治療(工事)を行います。また、検査を行う事も似ていますね。当社には元設計士や足場職人、現場監督など様々な経験を経てマンション修繕の専門医(スペシャリスト)として活躍するスタッフが、多数在籍しています。 私の所属している総務・経理部門は、直接的に居住者様やオーナー様といった、お客様に接する事は無いのですが、より良い治療(工事)を受けられるように、サポートができればと思います。これは全くの偶然なのですが、私がこの会社に就職が決まって直ぐ、私の住んでいるマンションが大規模修繕工事に着工し、居住者様の立場で工事体験ができる機会に恵まれました。本当に不思議なご縁です。そういう体験も仕事に活かしていけたらと思います。

会社情報
ご利用のながれ

お問い合わせ〜ご契約まで

工事開始〜アフタケアまで

テイエム技建独自の品質管理

アクセスマップ

採用情報

協力会社募集

■関連サイト

テイエム技建

テイエ技建工事部

TMG安全衛生協力会